バナー

技術よりも理念を重視した歯科の比較

歯医者の数が増えて好きな歯科を選ぶことができる時代になったことから、その比較検討を行うことはより歯医者を身近なものにしていくために重要な観点です。近所付き合い等から人気の高い歯医者を探すというのは基本的なアプローチであり、誰もが良いと言う歯医者であれば大抵のサービスは良いということができます。

しかし、歯医者の技術にもばらつきはあることから必ずしも最良の歯科を選べるとは限らず、近所では人気があったけれど自分が行ったらあまりよくなかったということも稀ではありません。技術を推し量るのは難しく、実際に行ってみてもらわなければわからないのは事実です。

そのため、歯科を比較する上で重要視すべきなのはそれ以前の段階とすべきであり、自分の歯の状態に対してどうやって対処をしていくべきなのかということを親身になって相談してくれる歯医者がいる場所を選ぶのが懸命な判断です。

そうすることによって納得した上で歯の治療を受けることができるようになるため、多少の技術的な低さがあったとしてもよい治療の判断をしてくれたことに満足できるようになるからです。そういった点の比較を行うためには、その歯科がどういった方針で運営されているかを理解することが重要となります。その情報源として役立つのがホームページです。

現在ではほとんどの歯科がホームページを設置することによってその宣伝広告を行ったり、予約管理を行ったりしています。そこでその経営理念についての情報を得ることで自分の考えに合っている場所を探すと良いのです。日本歯科医師会と厚生労働省が掲げる運動に「8020運動」というものがあります。これは、80歳を過ぎても20本以上自分の歯を保つことを目標にしている運動です。

高齢化社会において、歯や口の中の健康状態というものは日々重要性を増してます。そして年を重ねても健康な歯を保ち続けるためには歯科のサポートが欠かせません。1年に1~2回の定期検診や虫歯、歯周病の治療、親知らず、噛み合わせの問題など歯に関する健康問題は尽きることがないからです。では、たくさんある歯科の中から自分に適した病院を見つけるには、どういった点を比較する必要があるのでしょうか。



それは、最初の診察の問診で医師がどれだけ真剣に患者の話に耳を傾けるかにかかっています。なぜなら、どんな歯の症状であっても正しい治療を行うためには適切な問診が不可欠だからです。そして、患者それぞれが持っている健康リスクを洗い出し、それぞれに合った治療法や予防法を行う医師を選ぶ必要があります。なので問診を受けた際、医師や歯科衛生士の対応が自分には症状を打ち明けにくいものだと感じた場合には、ほかの歯科と比較してみることも有効です。

このほか、全身疾患や血圧など体全体の健康状態を調べたうえで治療に取り組む方針の病院を選ぶことも比較する上で重要と言えます。歯の病気は全身に影響を及ぼす可能性が高く、糖尿病や動脈硬化、狭心症、脳梗塞の引き金になることもありうるからです。女性の場合は早産や低体重児出産のリスクもあります。

こうした点から、口の中だけではなく体全体を気遣ってくれる医師を選ぶことが大切です。歯科医院を比較して自分にぴったりと合ったところで施術を行うことで歯科医院の技術があるところを見つけることがお勧めです。そのためには口コミや実際に施術を受けた人に聞いて検討し、他の医院と比較することがお勧めです。また、受付や歯科衛生士の対応が良いところもお勧めできる医院で、院長の方針がわかります。

予約を取ったり、会計をしたりするだけで受付の対応はわかるため一度利用してみることが一番です。自分の歯の現状をしっかりと説明してくれるところも信用できる医院です。自分がしっかりと状況把握ができないと今後の対応もできず、不安が残ってしまいます。自分でできる歯のケアやどのくらいで直るかを教えてくれるところが安心できる医院ということができます。

治療に時間がかからないことも良い歯医者のポイントです。仕事などで平日忙しい人はなかなか頻繁に医院に通うことができないため、短時間で通う回数が少ないところを選ぶこともできます。技術が高い歯科医は勉強会や講習会に頻繁に出て情報収集を行っているため、腕を磨いているため医院を比較して最新の設備を導入したりしているところを選ぶこともできます。



現在の症状だけでなく、将来的にかかる可能性の高い症状にまで目を向けている医師だと大変信頼でき安心して任せることができます。症状だけ見て治療を行うことによって再び同じ症状になる可能性が高いため、解決方法や自分でできるケアをわかりやすく教えてくれるところも重要です。歯科を比較する際に注目するべき点としてあげられるのが医師としての患者とのコミュニケーション能力です。

医師というのは診断や治療を行う専門家であると同時に患者を相手にするサービス業でもあります。そのため、相手に対して快適なサービスを提供することによって信頼を得たり、気に入ってもらったりしなければならないという側面を持っています。そのサービスに満足できるかどうかということが歯科を選ぶ際には重要となるのです。

その比較の際には客観的な面よりも主観的な面を重視することもまた忘れてはならない点です。コミュニケーションとして快適に感じるか否かは個人の感性によるところが大きいからであり、一様にコミュニケーションをとろうとしている医師の場合にはそれに合った患者しか集められないことになります。親密に話しかけてくれることを好む人もいれば、必要なことだけしか話さないことを望む人もいます。

それを察してか察せずしてか患者に合わせて正しいスタンスでコミュニケーションを取れる医師がいる場合には診療に通うのにストレスを感じずに済むようになります。むしろ、コミュニケーションが円滑であればストレスの解消にすらなり得ます。

そういった点にも配慮したサービスを提供しようと努力しているかやコミュニケーション能力があるかどうかということをよく調べて歯科を比較し、よりそういった能力の高い医師のいる場所を選ぶことで通いやすくなるのです。近所に、二軒の歯科医院があります。

最初は、最も近い歯科医院に通っていたのですが、つめものと自分の歯との境がでこぼこしていたり、滑らかでない感じがしました。そこで、インターネットの口コミサイトを調べ、評判の良かった二番目に近い医院に通うようになりました。



つめものの出来具合で比較すると、こちらのほうが、自分の歯との境も滑らかで、上手に感じました。また、治療方針についても、丁寧に説明してくれました。例えば、つめものの種類と費用、メリットとデメリットについても説明してくれたので、より良い選択ができました。治療のスケジュールに関して比較すると、現在通っている歯医者では、歯の詰め物の治療と歯のクリーニングの通院回数が少なくなるように配慮してくれます。

例えば、右下の歯の治療のあと、上の歯のクリーニングを行ってくれ、クリーニングだけに通院する回数を減らしてくれます。また、月や年が変わると、初診料が新たに発生するということも説明してくれ、なるべく安く済むような治療計画を提案してくれます。

このように、二軒の歯科を比較すると、技術もそうですが、治療方針について違いがあることが分かりました。通院する方としては、なるべく費用を安く抑え、通院回数も少なく済ませたいので、そのような配慮をしてくれる歯医者が好ましいと感じました。治療のスケジュールに関しては、歯医者によってさほど違いはないと考えていたのですが、比較してみると、違いがあることが分かりました。