所在管理システムの活用シーン

所在管理システムは、小型のビーコンを社員が装着するだけで、所在や位置情報が把握できるシステムです。

行動履歴なども、Web上で簡単に確認できます。マップ上で社員などの位置情報が確認できれば、外部からの連絡の取次がスムーズになります。これによって、組織を横断した社員間のコミュニケーションが図れます。所在管理システムは個人の位置情報だけでな、複数の社員の行動履歴も把握できます。それによって、会議などの円滑化が図られ、効率的な運用にもつながります。

所在管理システムを工場などに導入すれば、作業員の動きやラインの運行をリアルタイムで管理することも可能になるわけです。所在管理システムは、社員やオフィススペースの有効活用に貢献するものです。備品を含めた経営資源が効率的に活用できるので、生産性向上につなげられると言えます。発信機となるビーコン自体は、厚さが薄くて装着の違和感がありません。電池寿命も長いので、何年間も電池交換が必要ありません。人やモノの位置情報をリアルタイムで把握でき、無駄な動きの低減につなげることができます。ビーコンを社内備品に装着すれば、不正な持ち出しや盗難の防止にもなるわけです。営業担当など外出の機会が多い社員には、業務効率の向上とコミュニケーション機会の提供が図られるものです。さらに、危険現場の従業員が装着することで、トラブル発生時に迅速な対処を可能にします。所在管理システムでは、そうしたトータルサポートを受けることが出来ます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *