所在管理システムとは

所在管理システムとは、ヒトやモノに小型のビーコン送信機を取り付けてその位置情報をリアルタイムに把握できるシステムのことです。

のみならず、ヒトやモノの移動データの集積によって、効率的なオフィスや倉庫内部の配置などの検討に役立てることもできます。ヒトの所在管理については、ひとりひとりが携帯電話を持ち連絡を取ることなどでこれまでも可能ではありましたが、位置情報発信専用の装置を用いる所在管理システムにおいては、例えば災害時に工場内での作業員の安否確認はもちろん本人が連絡を取ることができない状態、例えば意識を失ったような状況でも素早くその位置を特定することが可能であり、作業員に安心感を与えます。また、昨今の工場においては、携帯電話等の持ち込みは内部情報の管理の観点から制限されるのが普通です。

したがって、所在管理システムの必要性は減ることはないでしょう。また、在庫管理においては、厳密な収納場所の情報管理、入庫出庫の情報データの管理が必要ですが、所在管理システムを利用すれば、大幅に現場の労力を削減することが可能になります。また、複雑高価な機材や使用頻度が低いため、所有する台数が制限されるような機材においても、その位置情報を把握することができますので、これまでにそのような機材の所在確認に費やしていた労力を削減することができ、会社の資源の有効な活用に役立てることができます。今後ともますますこのようなシステムは必須のものになっていくでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *