新しい働き方に所在管理システム

感染防止のために人との接触を気にする生活が続くことになりました。

今まではオフィスに人がどのぐらいいるのかなど気にもとめませんでしたが、今では密にならないようにコントロールする必要があります。屋内にいる人を数えることは不可能ですし、家から出る前に知りたいとなると、情報の提供が必要です。

そこで利用したいのが所在管理システムです。GPSやビーコンなどを使った所在管理システムがあれば誰がどこにいるか把握することができます。屋内に人数をカウントすることも可能ですし、どこに人が集まっているかを視覚として確認することが可能です。時間単位で人数制限すれば、密な状態を避けることができるし、内部で集まりすぎて密になりそうな時に警告を発することもできます。このような状況からオフィスを縮小する企業も増えてきています。個人に席が与えられないフリーアドレスを採用するケースが多く、出社している人でもどこにいるかわからない状況です。

所在管理システムで個人の識別まですれば、居場所を確認することが可能です。内勤者なら屋内にいる時を勤務時間として、勤怠管理の元データとして利用すれば、タイムカードもいらなくなります。座席の空き状況もわかるので、密にならない場所を探すのも簡単です。少しでも安心して働ける環境を構築するなら所在管理システムは欠かせないツールと言えます。GPSを使えば屋外でも居場所がわかるので、営業担当などの勤務実績に変えることもできます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *