勤怠管理システムを導入するメリット

勤怠管理システムを導入する会社が増えていますが、そのメリットはどのようなものがあるのでしょうか。

導入費用が無料のものが多いので、気軽に始められそうですが、月々にかかる費用は安くありません。そこまでして導入することで、何を得ることができるかが重要です。勤怠管理システムを出退勤の管理だけで考えると、それほどメリットを感じないかもしれません。ネット上の打刻システムを購入したようなイメージとなり、ランニングコストの高さで不要と判断されるかもしれません。

それは全ての機能を使い切っていないからと言えます。勤怠管理システムのメリットで最も大きな部分は、集計が楽と言うものです。従業員が打刻によって記録されるデータは、そのまま集計結果として利用することができます。それまで手動で実施していたことと比較すると事務処理時間の大幅な短縮になります。エラーが出ているデータだけ確認すればそのまま給与計算に利用することが可能です。

追加機能にはなりますが、法令で定められている長時間労働や有給休暇の奨励などを自動で行うことができます。このままいくと長時間になるような場合に、本人とその上司にアラートを表示することが可能です。有給休暇が取れていないようなら、期限内に消化できるようにメッセージを表示することもできます。ひとりひとりチェックしていると、漏れがあることもあるので、自動で選別して対応してもらえるのはとても便利です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *