GPSとビーコンは何が違うの?

位置情報を取得することができるツールとして最近注目を集めているのがビーコンです。

今までスマートフォンなどで利用していたGPSと何が違うのでしょうか。簡単に言ってしまうと、使える場所が異なります。それぞれの特徴とデメリットから違いを理解することができます。GPSは人工衛星を利用した位置データを提供するシステムです。一般の人が利用するようになった最初のシステムはカーナビゲーションでした。一定間隔で受信する位置情報から自分がどこにいるかを判別することが可能です。

それを地図上に表示すれば視覚的に位置確認ができます。デメリットとしては、衛星からの電波が届かない屋内や地下では利用できないと言うことです。ビーコンは屋内で位置情報を取得できるようにするシステムです。発信器からの電波を受信すると相対的な位置を知ることができます。それをエリアマップと組み合わせれば、屋内でも自分の居場所を視覚的に把握することができます。

デメリットとしては、受信可能距離が30m程度と近距離しか使えないことです。GPSと違って、個別に情報を発信することが可能なので、販売促進や集客に利用できることが注目されています。ビーコンのシステムを設置している店舗に近くと、お得な情報をスマートフォンに表示するなどのサービスを展開できます。これからは施設まではGPSで誘導して、そこからはビーコンが集客を行うようなサービスが展開するかもしれません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *