GPSとビーコンの活用例

GPSは利用されるようになってからかなり時間が経っているので、多くの分野で活用されています。

車のカーナビゲーションやスマートフォンなどは多くの人が利用しているシステムです。屋外であればどこにいても受信することができるので、紛失物を探すことにも役立っています。またスポーツ界でも利用が進んでいて、選手の移動距離を測定するための仕組みは、GPSシステムを利用しています。ビーコンはこれから発展が期待される分野で、この後の展開が楽しみな分野です。

必要を感じることで開発されたシステムではあるので、その展開のスピードは急速と言えます。特に施設内にあるものを探したり、識別するような状況では、ほかに適したシステムがないので、多くの場所で利用が広がっていくと思われます。例えば図書館内での本の検索や店舗内の人の識別などがビーコンによって実現されています。GPSとビーコンは、位置情報を取得するツールとして共通点がありそれぞれのデメリットを補うような関係にあります。

どちらかが取って代わるようなことは起きるような状況ではなく、併用することでさらに多くの分野での活用が期待されます。空港や駅までの誘導はGPSで行い、機体や車両の中に入ってから自分の席を見つけるのはビーコンを使うような利用方法です。このシステムならコンサート会場でも使うことができます。今後は目的地に着いてから場所がわからないと言うトラブルはなくなるはずです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *