これからの端末はGPSとビーコンを搭載

スマートフォンやスマートウオッチには多くのセンサーや受信機が搭載されています。

多くの人が知っているものとしてGPSがあります。行き先がわからない時にナビゲーション機能を使うととても便利です。最近の端末では、それ以外にビーコンと呼ばれる位置情報のシステムも搭載されいるものがあります。ビーコンはBluetooth信号を利用して近距離の端末と位置情報をやりとりできるシステムで、屋内で使うことができないGPSを補完するような使い方ができます。交通量を調査する目的で車にも搭載されていて、渋滞緩和などに役立っています。

デメリットとしては近距離しか利用できないと言った点です。つまり近づいてからでなければ利用することができません。そのため今後の端末にはGPSとビーコンの両方が利用可能となり、どこにいても位置情報が利用できるようになります。施設までの誘導はGPSで行い、到着後はビーコンによって位置情報を提供することが可能です。

このようにお互いのデメリットを補うことで、完全なナビゲーションを実現することができます。ビーコンには情報発信をすることができるメリットがあり、顧客を誘引するような情報を発信することも可能です。広告などの情報提供よりも直接的で効果が高いと思われます。個人の嗜好に合わせて発信する情報を変えるようなこともできるので、ニーズに合った集客を実現することができます。今後の活用の拡大に期待が高まります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *