ビーコンがGPSと大きく違うのは情報発信力

最近、ビーコンと言う言葉を聞く機会が増えきました。

GPSと同じく位置情報を扱うシステムですが、近距離に特化した目的で利用されるため、広範囲での利用には向いていません。その代わり屋内での利用が可能なため、GPSの苦手を克服するような扱い方が期待されています。ビーコンの違いを屋内で利用可能なところと言われることがありますが、実際にはより大きな差分が存在します。それが情報発信できると言う点です。GPSは衛星から位置情報だけを受信しますが、その他の施設情報などは基本的に付加されていません。

そのため信号を受けた後でその他の情報を付加する必要があります。情報提供するためには前準備が必要となり、リアルタイムな情報発信は難しいのが現状です。ビーコンは信号自体に情報を追加することができるので、お得な広告を一緒に送ることができます。そのほかにも付加情報を追加することで、商品説明などを見せることができます。このように小売店舗に適したシステムと言えます。

このことから無人店舗での活用や対象物の検索システムなどへの展開に期待が高まっています。デジタルによる情報発信の期待値が高まっている状況では、ビーコンを活用したマーケティングは大きな可能性をひめています。今後はオンデマンドな情報提供やタイムリーな情報発信が加速的に広がっていくようになります。自分から探すのではなく、店舗側からの無人による提案を参考にするような状況が実現されます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *