GPSとビーコンの違い

カーナビや携帯などで利用され、GPSは多くの人の知る所となりました。

GPSは、GlobalPositioningSystemの略で、人工衛星から発信される電波を使って、地球上の位置情報を把握する仕組みです。一方ビーコンは半径数メートル範囲に信号を発信する発信機を意味します。英語のBeaconの元来の意味は、情報伝達で使われた狼煙やかがり火です。ビーコンの信号を受け取れる端末が範囲内に入ると感知して情報をやり取りすることができます。日本ではPokemonGOで身近になったかもしれません。GPSとの違いは、まず位置測定の精度です。

GPSは広範囲にカバーしており、その分位置測定の精度は低いと言えます。次に屋内や地下では電波が届かない場合があります。また電池の消費量が大きく長時間の利用が難しいです。ビーコンは、狭い範囲の位置情報が得意でその中では数センチ単位と位置測定の精度が高いことが特徴です。発信装置を屋内や地下に設置すれば、問題なく使えます。

そして電池の消費量が大変小さく、安価で小さな端末が販売されるようになりました。これらの特徴を生かして、既に実用化が進んでいます。例えば美術館や博物館の展示品の案内です。利用者がその展示品に近づいたタイミングで情報を提供することができます。高速道路に設置したビーコンからは渋滞などの交通情報が発信されています。スーパーAmazonGoで、非接触型の買い物の仕方が紹介されました。今後は買い物の仕方を変えていくかもしれません。
GPSのビーコンのことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *