距離や存在を確認するビーコンセンサー

ビーコンは狼煙(のろし)という意味があり、現代煙の代わりに電波などを使ったデバイスを意味しています。

ここで言うビーコンセンサーはBluetoothの電波を利用して、その役割を果たすことが可能です。単純にBLEを使って発信するだけでは受信側が認識できないので、情報を規格化したり認識できるように決められたデータフォーマットがアップルのビーコン規格です。ビーコンセンサーの特徴として、GPSより狭い範囲になりますが電力消費は少なく、コイン電池などを利用した小型軽量化が可能です。

受信機について市販デバイスを利用することができ、システム全体では費用をかなり抑える効果があるでしょう。主に存在や場所を示す目的にするものになっていて、電波強度から距離や存在などを確認するため多く活用されています。ビーコンセンサーは数バイトのデータでだと送ることが可能で、温度などのセンサー値について電波にのせるケースもあります。

一般的にスマートフォンのBluetoothを使用しますが、機種によって受信性能が異なり事前に受信性能試験などを行うことをおすすめします。連続運用する場合、OSやバッテリーの耐久性なども考慮すると安心です。必要な機器といて受信機の場合、BLEを受信したりサーバーへ送信することができます。サーバーは複数の受信機から、さまざまな情報を纏めるのに必要です。ソフトウエアは受信機用アプリやサーバー業務システムとして必要で、通信回線は受信機からサーバーへLANやLTEを利用します。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *