ビーコンセンサーは顧客との距離を縮める

ビーコンセンサーはbluetooth信号を発信している発信機で、専用アプリと連動すると店舗などに近づいた特定したスマホだけ情報を発信することが可能です。

店舗とクライアントの距離を保つツールとして活用することができます。例えばカフェや飲食店の場合、ビーコンセンサーを設置すると店舗の近くを通る人にメッセージやクーポンなどを配信することが可能です。混雑している時間をデータとして得ることができ、店側にとって人件費削減や客単価増加などを期待することができます。

リピート率上昇が見込める技術で、カード情報と紐付けしたり様々なメニューの閲覧や注文などに対応することが可能です。ホテルの場合、ビーコンセンサーを利用するとチェックインやルームサービスなどをスムーズに提供することができたり、オンラインでクライアントの状況を確認できます。混雑を解消することができたり、顧客情報を得てサービスを向上することができるでしょう。

各分野における企業サービスや情報などより必要としている顧客に届けるため、ビジネスに活用する動きが活発です。それぞれの企業や店舗においてビーコンで得た情報について、違う分野や企業と一緒にシェアしたり共有することによって、よりニーズに合ったサービスをクライアントに提供することができます。ユーザーにとっても必要な情報やサービスなどを必要な時に得ることができるので、顧客満足度は高まっていくと言えます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *