ビーコンセンサーとGPSの違いとは?

位置情報を特定するものといったとき、GPSを思い浮かべる人は多いのではないでしょうか。

また、GPSだけでなくビーコンセンサーとGPSの2つを思い浮かべる人も多いかと思われますが、中には両者は同じもので呼び方だけが違っているなどの認識を持っている人も少なくありません。GPSはネットの中にある地図にも採用されている、人工衛星から発せられる電波を使い位置情報を特定するための仕組みで。ビーコンセンサーは信号を半径数十メートル程度に発信する発信機のセンサー部分を意味するものです。

そのため、ビーコンといった具合に略されて呼ばれるものは発信機そのもの、センサーと名が付いたときには装置そのものの場合もあれば、電子部品の呼び名になることもあります。GPSでは発信源が人工衛星になりますが、ビーコンの場合は地上にある何らかの発信装置であり、電波を発信する装置とそれを受け取るビーコンセンサーの2つがありはじめて有効な使い方ができるようになります。

GPSの電波は地下などでは遮断されて届かないことがありますが、ビーコンは建物中でも電波を送受信できるメリットを持っています。仮に、お店側がビーコンを使って店舗がここにあるといった情報を発信すると、普段使っているスマートフォンにビーコンセンサーのアプリがインストールされていれば、お店までの道順が表示されるなどの利便性を与えてくれますし、お店の場所を画面上に表示させればアピールもできるわけです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *